MENUCLOSE

土地活用PROPERTY

土地の有効活用が資産価値を高める。

所有するだけで資産価値が増大する時代は終わりました。

「土地神話」が崩壊して久しい日本。土地は持っているだけで資産価値が増大した時代は終わり、いかにその土地を有効活用し、いかに収益を上げていくかが資産価値を高める事になる時代となりました。
しかし、やみくもに箱物を造るのでは意味がありません。その土地が持つ歴史、所有者のその土地に対する想い、またそれに至った背景など、様々な要素を加味した上で計画を進めて行かなければなりません。
一方で、不動産に課せられる税金や、資産を引き継ぐ際の税金等に関しては、注意深く考察する必要があります。
土地を有効に活用し、収益を生む土地にするよう取り組んでいきましょう。

土地活用を行うにあたって

収益を上げてこその土地活用

土地活用は、やりたい事業を行う場ではありません。

土地活用は、『最も効率よく収益を上げる方法』を選択しなくてはなりません。

ただし、土地活用は事業なので、収益というリターンの裏にはリスクがあります。
土地活用を提案する業者が作る事業計画書にちゃんとリスクが含まれているか、しっかりとご確認ください。

リスクの説明がきちんとできる会社や担当者と出会う事が土地活用の成功への第一歩です。また、第三者に事業計画が甘くないかをチェックしてもらいましょう。
事業と直接利害関係のない第三者で、できれば不動産と経営に明るい人が望ましいです。

土地活用は、やりたい事業を行う場でなく、しっかりと収益を上げてこそ、土地活用と言えるのです。

様々な土地の活用手段

[手段その1] マンション・アパート経営

現在の活用方法の主流。メリットも大きい。

収益性中 リスク中 維持費中

土地にマンションやアパートを建て、賃貸住宅として入居者に貸します。税制面でのメリットが大きく、また、賃貸住宅は活用方法の主流となっていますが、空室リスクにも当然、配慮が必要です。

[手段その2] 駐車場経営

少ない投資で回収が早くリスクも少ない。

収益性小 リスク小 維持費小

少ない投資で回収が早い月極駐車場経営。固定資産税は更地の評価ですが、経年後 他用途への転用が容易です。また、中心部など立地によっては、コイン駐車場(時間貸し)なども採用できます。

[手段その3] 借地・建貸し

綿密な計画・慎重な検討が必要

借地の場合 収益性小 リスク小 維持費小/建貸しの場合 収益性大 リスク大 維持費中

幹線道路など交通量の多い道路沿いでは、借地または建貸しによる商業店舗等としての土地活用が考えられます。借りるテナントの選別や賃料など慎重に検討する事が必要です。

[手段その4] 売却する(※既に土地をお持ちの方)

ランニングコストも掛からず、収益性大。

収益性大 維持費0

換金する為、あるいは他の不動産へ移し変える為に売却します。事業用の資産で要件を満たせば税金の優遇が受けられます。

[手段その5] 何もしない

何もしなくとも、あらゆるコスト・手間が掛かります。

収益性0 リスク0 維持費中

何もしないで、そのまま放置しておくのも一つの方法。
しかし固定資産税等は更地評価として納税しなければなりませんし、近隣からの苦情に配慮し、清掃等を行う必要があります。

福岡資産活用ナビ

資産活用についてのご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!

0120-78-1000

(株) 三好不動産 資産活用部
受付時間 9:00 - 18:00(日・祝日・第2/第4土曜休み)

メールでのご質問・ご相談はこちら

PAGE TOPPAGE TOP