MENUCLOSE

リノベーションRENOVATION

「リノベーション」とは

「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を向上させたり、価値を高めたりすることを言います。
「リフォーム」が、老朽化した設備の入れ替えなどによる改装を意味するのに対して、「リノベーション」はプラスαで新たに機能や価値を向上させることを意味し、よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれています。

「リノベーション」のメリット・デメリット

「リノベーション」のメリットは、現在の間取りを自由に変更し、需要の高い間取りや仕様に変更できることです。
そうした「リノベーション」を行うことで、下落した家賃を適正な価格にすることができます。
また、リノベーションは収益性の低くなった物件を建て替えて新築するよりも、安価で行うことできるため、再投資する費用も少なく済みます。

「リノベーション」や「リフォーム」を行い、再投資する場合には築年数に注意する必要があります。
なぜなら、建築基準法の改正により基準が引き上げられたり、昔は今のように施工管理について厳しく言われていないこともあり、耐震性が現在の法律の基準を満たさなくなっている場合があるためです。
また、物件によっては、構造壁など建物構造上、変更できない部分があり、思い通りの間取り・設備にできないこともしばしばあります。
そのため、別途大規模改修などが必要となり、新築と比較して、逆にかなりの費用がかかってしまい、せっかくのコストをおさえることができるというメリットを活かせなくなってしまうことがあります。
注意すべき点は、工事後の適正賃料と今後の賃料下落も想定して計画をしなければならないという事です。

三好不動産の「リノベーション」提案が評価される理由

賃貸物件ならではの、顧客ニーズに合った提案を実現。もちろん、その物件の収益性に合ったプランを作成します。

賃貸仲介専門店の「スマイルプラザ」を擁する三好不動産だからこその「お客様目線でのご提案」を行えます。もちろん、オーナー様、入居希望者様ともにお客様ですので、物件の市場性とオーナー様・の状況に応じたプランニングを行います。

リノベーションを業者任せにしてしまうと、費用を安くするために、老朽化した給水・排水管や設備の交換を省いてしまうことがあります。
リノベーション工事はこうした住宅の基本設備を更新する絶好のチャンスです。三好不動産は、管理会社として誠実なご提案を行います。

福岡資産活用ナビ

資産活用についてのご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!

0120-78-1000

(株) 三好不動産 資産活用部
受付時間 9:00 - 18:00(日・祝日・第2/第4土曜休み)

メールでのご質問・ご相談はこちら

PAGE TOPPAGE TOP