MENUCLOSE

土地活用 PROPERTY

初期投資も抑えられる借地で有効活用

土地は所有から活用する時代へ移り変わりました。

有効に土地を活用するのは、持っている人と使いたい人とのマッチングがポイントになります。
その方法として、「一般定期借地権」をもとに、一般住宅用地として利用する方法や、店舗など商業施設を建設・運営するのに適した「事業用定期借地権」等があります。
また、土地所有者自らテナントの希望する建物を建設して貸し付ける「建て貸し方式」もあります。三好不動産では立地条件によって、またオーナー様のご意向に沿って、企画・立案が可能です。

借地に種類にはどのようなものがあるのか?

近年のスーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどの物販チェーン店やファミリーレストラン等は、集客が可能な立地を求めて日々リサーチを行っております。そのほとんどは地主様から土地を借りて、自らが建設する(借地方式)か、もしくは希望の建物を地主様に建てて頂く(建て貸し方式)をとっているのが一般的です。それぞれのテナントは、営業戦略によって希望する場所や、広さなどは違い、当然支払い可能な賃料も違ってきます。

借地はテナントが建設費を負担するので地主様の初期投資はさほど必要がありません。また、契約期間が満了すれば、借主は建物を収去して、立ち退かなければならず、名目のいかんを問わず立退きの費用を請求される事は一切ありません

種類 期間 目的 契約
一般定期借地 50年以上 住宅建設 公正証書が望ましい
建物譲渡借地 30年以上 建物買取り -
事業用定期借地 10年以上50年未満 事業用建物 公正証書による契約が必須

建て貸し方式は地主様で自身名義の建物を建てるわけですから、何事においても自己完結ができます。建築資金についても、自己調達(銀行融資等を利用)ですが、建築協力金という形で、その資金の一部をテナントが受け持ち、毎月の賃料で調整するというケースもあります。

しっかり借地経営を行うためのポイント

土地は所有しているだけでは、何の価値も生まれません。
そればかりか、維持管理費や固定資産税等の保有コストは継続的に掛かってきます。

遊休地をお持ちのお客様は、土地の大小や形状を問わず、是非当社にご相談ください。

三好不動産では、オーナー様のご意向とテナント様のご要望をしっかりと受け止め、確かな専門知識を活かし、オーナー様にとって最適な土地活用をサポート致します。

福岡資産活用ナビ

資産活用についてのご質問・ご相談はお気軽にどうぞ!

0120-78-1000

株式会社三好不動産 資産管理部 資産活用課
受付時間 9:00 - 17:00(日・祝日・第2/第4土曜休み)

メールでのご質問・ご相談はこちら

PAGE TOPPAGE TOP