福岡資産活用ナビ 三好不動産の賃貸管理オーナー様向けお役立ち情報サイト

0120-78-1000 受付時間 10:00 - 17:00 (日・祝日・第2/第4土曜休み)

MENU

スタッフブログ Staff Blog

2022年08月04日

快眠方法

こんにちは!

三好不動産 資産活用課事務スタッフです。

連日の熱帯夜で、すっかり夏バテ気味の方も多いのではないでしょうか?

そんな熱帯夜でも、快眠できる方法を調べてみましたので、ご紹介いたします。

①   有酸素運動をしましょう!

可能であれば、就寝3時間前までに30分~1時間の有酸素運動が快眠へ効果的です。ただ、そうは言っても、時間がない!・・・そのような方は、普段の生活に運動を取り入れて、習慣づけることが大切です。     (通勤時に1駅前で降りて、1駅分歩く・・・エスカレーターではなく、階段を・・・)

②   寝る2時間前に、スマホ等の使用をやめる!

これは、熱帯夜に限ったことではありませんが、寝る直前までスマホの明るい画面をみていると、メラトニン(体温や血圧を低下させて、眠りへと導く働きのあるホルモン)の分泌量が減少し、結果、睡眠の質が低下・眠りが浅い状態となります。

③   寝る30分~1時間前に寝室の冷房をON!

寝る直前に、寝室の冷房をつけても、部屋が冷えるまでは不快となり、すぐに眠ることができません。日中に室内にため込んだ熱を事前に冷房をつけることで、快適な睡眠環境をつくります。

④   冷房は一晩中つけっぱなし!

 「睡眠中の冷房はタイマー設定」をされている方も多いと思いますが、タイマーが切れると室温が高くなり、寝苦しさで目が覚め、余計に睡眠不足となってしまいます。人それぞれの環境や体質によって、適度な設定温度・湿度があるかと思いますので、自分に最適な温度を見つけ、扇風機や寝具・服装で調整をすることがおすすめだそうです。

⑤   起床時間は一定を保ちましょう!

出勤日や在宅日、平日や休日の起床時間の差が大きくなると生活のリズムが崩れ、睡眠に影響がでます。

以上の5項目以外にも、様々な方法で快適に眠る方法があります。

各自でよい方法を見つけて、快適な睡眠ができる環境を作り、この暑すぎる夏を乗り越えましょう!

 

 

資産活用・不動産のご相談は下記へどうぞ!
□福岡資産活用ナビはこちら → https://www.fukuokafudousan.com/
□お問い合わせはこちら →  https://www.fukuokafudousan.com/contact/

注目キーワードFeatured Keywords